サービス概要

デジタル音楽の有用性

CDディスク デジタル音楽の最大のメリットは手軽さにあります。レコードはプレイヤーや針の入手が困難であったりして、 過去の資産が聞けない状況が益々拡がっています。カセットテープに於いても、メディア自体の劣化が否めません。音ラボでは、 そういったアナログ音源をデジタル化することで経年劣化を防ぎ、現在主流であるCDプレイヤーで手軽に聞けるようにするアナログ/ デジタル変換サービスを高音質を追求して行っています。

基本コースご案内

音ラボでは3つの基本コースをご用意しております。オリジナルのメディアはレコードでも、カセットでもオープンリールでもOK。各コースとも追加30分毎に 1000円の追加料金がかかります。またオプションによる追加サービスも行っております。詳細は各コースをクリックしてください。

標準コース ライブ・クラシックコース お手軽コース

オリジナルを最大限に

音楽をアナログからデジタルに変換する際、最も音質に影響するのは再生機器です。再生機器の性能に大きく左右されます。音ラボではカセットプレイヤーは Nakamichiの7000ZXLを、レコードプレイヤーはGarrad 401を、オープンリールデッキはAkaiのPRO1000を使用して収録しています。どれも名機と謳われた 高級機器です。オリジナルの音質を最大限引き出します 。使用機器にについてはこちらをご覧ください。

徹底したノイズ対策

音ラボの録音環境では、無駄な配線を行っておりません。機器間をつなぐケーブルはノイズ対策された物を使用することはもちろん、 必要長以上のケーブルも使用しておりません。また、電源ケーブルとの位置関係にも配慮したシステム設計をしております。また、ノイズは音質の歪みを考慮して、 オリジナルの音質を出来る限り損なうことなく除去します。そのためオリジナルの状態によっては、完全にノイズを除去することができないこともあります。

専用パソコンを使用

サンプリングを行うパソコンは一から新たに制作しました。ノイズの発生源である電源・ケーブルの位置も考慮した音声取り込みに特化したパソコンに仕上げました。 サンプリン後、ノイズ除去、ノイズライズ、各種エフェクトを施したあと、WAVEデータで出力します。

高信頼の国産メディアを使用

s_aud0002-009.png(59467 byte) 音楽CDに適した、反射率の高い銀反射層ディスクを使用しています。互換性・信頼性の高い日本製CD-Rを採用しています。ホワイトプリンタブルですので、 インクジェットプリンタによるレーベル面の印字も可能です。